インターホンの取り付けは専門業者に頼もう|メリットを詳しく紹介

自分で挑戦する価値あり

玄関

難しいことは何もなし

新しいインターホンを購入した際に気になるのが取り付け方法です。家電量販店などの実店舗で購入した場合ならその場で取り付けをお願いすることも出来ますが、ネット通販などで購入した場合にはそういうわけにはいきません。業者に依頼することも出来ますが新たに費用が発生します。コストを抑えたい場合には自分でインターホンの取り付けに挑戦してみるのも一つの手です。電気工事の知識がなくても仕組みを理解していれば案外簡単に取り付ける事が出来ます。まず確認するのが、電源をコンセントから取っているかということとチャイム用のコードの有無です。電池を使用しているインターホンを使っていた場合でも近くにコンセントが設置されていれば問題ありません。チャイム用のコードとはインターホンで使用するためのコードで流れている電流も微弱なものです。触っても感電や火災につながる恐れは少なく安全性が高くとられています。もし、チャイム用のコードではなくVVFケーブルというものでつながっている場合には感電の危険性があるので素直に業者に頼みましょう。上記の条件を満たしていた場合には古いインターホンとチャイム用のコードを外し、新しいものに繋ぎなおします。室内用のインターホンも同様に交換します。あとは電源を確保して動作確認が出来ると無事に取り付けが完了となります。基本的な作業はドライバーでネジをはずしたり締めたりするだけなので誰でも簡単に行う事が出来ます。

Copyright© 2017 インターホンの取り付けは専門業者に頼もう|メリットを詳しく紹介 All Rights Reserved.